• VOICE-お客様の声- お客様からお寄せ頂いた声を、お悩みの症状別にご紹介いたします。
  • 脱毛根チェック ご来店が難しい方も、毛根をご郵送頂き、なごやしずえがアドバイスいたします。
  • ミネラルチェック 髪と肌のトラブルの原因となる必須ミネラル摂取の過不足を分析いたします。

理容室カラーと市販カラーの違い

近頃は市販のカラー剤も色の種類が豊富になってきましたが、ヘアカラーは理・美容室で行うことをおすすめします。理・美容室なら抜け毛ケア地肌ケアなども行えます。こちらでは、理容室カラーをおすすめする理由をご紹介します。

色の種類

色の種類は、市販よりも理容室の方が豊富です。色鉛筆で例えると、市販が赤、ピンク、青、緑など1つの色は1種類しかないのに対し、理容室は同系色を数種類用意しています。カラーの出方は人によって異なるので、理容室では細かく配合し、無数の色を自在に作ることができます。

また、お客様の希望を聞いたり、その人に合ったカラーを提案したり、季節なども考えてカラーリングしてくれます。

カラー剤の強さ

市販、理容室ともにカラー剤の強さはほぼ同じですが、市販のカラー剤はしっかり染まることを重視しているため、そのための助剤を配合したり、薬剤も強めです。理容室では弱いものから強いものまで数種類用意しています。

ヘアカラーは色の濃さを調整する必要があり、全部を同じ強さで塗ってしまうと必要以上に髪が傷んでしまいます。理容室では髪質や髪の状態でカラー1剤も2剤も使い分け、できるだけ髪を傷めないようにします。

染め方と後処理の違い

市販カラーを使用して自分で染めた場合、しっかり薬剤をつけても色ムラが出ることがあります。セルフの場合、カラー剤のつけ方や量を調整することはそう簡単には行えず、結果色ムラが出てしまいます。

根元と毛先では色が違いますので、理容室ではそれぞれに合ったカラー剤を使用します。また、理容室では「乳化」という作業を行い、頭皮に薬剤が残らないように綺麗に洗い落とします。

そのため、カラー後の頭皮トラブルも起こりにくくなります。セルフの場合もシャンプーでしっかり洗い流しますが、セルフケアでは目の上や後ろを洗うのですから綺麗に落とすことは難しいです。

目黒でヘアカラーを行なうなら「なごやしずえ理容室」をご利用ください。

ヘナ1

なごやしずえ理容室では、髪と地肌を考慮した天然素材のカラー剤に、ジアミンを使わない、かぶれやアレルギーを防ぐカラーに、2剤も8種類以上用意しています。髪の土壌である地肌へも細心の注意をしていますので、肌トラブルをお持ちの方も安心しておしゃれを楽しめます。

また、自社製品のSNシャンプーは男性・女性、お子様からご年配の方まで人気のあるシャンプーです。SNシャンプーは通販でもお求めいただけます。
抜け毛ケア、薄毛ケア、頭皮トラブルなどのお悩みもお気軽にご相談ください。

  
shampoo   

そのスタンスは、

 
     
  • できる限り天然素材や先人の知恵を活用する。
  •  
  • 時代・ 社会・環境変化には解決できる安全な現代技術を模索、
  •  
  • 使用する場合は最低限とし、可能な限り人・生物・地球に低・リスク
  •  
  • 使いやすく、多くの方が気軽に取り組める品作りを目指しました。
  •  
 

抜け毛ケアのシャンプーをお探しなら

店舗名 なごやしずえ理容室
住所 東京都目黒区祐天寺2-8-3
TEL / FAX 03-3711-0913 / 03-3711-0916
URL http://www.sn-shampoo.com

コンテンツ