“汗”も抜け毛・薄毛の大敵!

目黒区の、東横線の祐天寺駅に近い【なごやしずえ理容室】です。

“汗”の放置も養・育毛の大敵になります! 今年は秋の抜け毛・薄毛が心配な”猛暑”が続きます。

汗の役割

皮膚の重要な機能に排泄器官でもあるという点があります。汗をかきます。汗の仕事は体温調節を
することです。上手に体温調節ができなければ、生命にも関わります。良い例が熱中症です。
汗は着衣を汚したり、匂いの元となったりして嫌われますが、上手に汗をかくこと、かけることは
生命体を守る意味からも、肌の健康面からも大変重要なのです。

しかし、汗を放置することは養・育毛にとって大敵!です。 毛穴がゆるんで、秋になっての抜け毛
・薄毛が心配な猛暑日が続いています。

過剰な皮脂、200倍拡大チェック

発汗のメカニズム

発汗のメカニズムは、自律神経がつかさどっています。脳にあらかじめ設定されている平熟(37度
程度)を超えて体温が高くなると、発汗の指令が下ります。良い汗はサラサラ感があります。
ベタベタ汗は悪い汗で、要注意です。

血行が悪くなると汗腺への酸素供給が上手に働かなくなり、ベトつき感のある汗になり、雑菌も
繁殖しやすく、そしてニオイも強くなります。

雑菌が繁殖すると頭皮を刺激し、軽く炎症を起こしたりして養・育毛には大敵です!
汗は放置しないことが大切なのです。そしてそれはどんなシャンプーで洗髪するか?、
秋の抜け毛・細毛対策の重要性が夏のシャンプー剤にあります。

良い汗 to 悪い汗

ベタベタの「悪い汗」をかく原因は生活習慣によるとされています。運動不足やエアコンの使い過
ぎで汗をかかないことによる汗腺の機能低下が大きな原因とも言われています。

ベタベタの悪い汗を改善するには汗腺を鍛え、発汗機能が正常に働く様にすることが重要です。
そのためには水分補給をしながら身体をゆっくり温めて汗をかく運動が重要だと言われています。

体温をゆっくり上げるのには激しい運動ではなく、ウォーキングやヨガなど、短時間で良いのでじ
んわりと汗をかく程度を継続して行いましょう。そして行う際には水分・塩分補給は必ず行いまし
ょう。またウォーキングは熱中症・日射病に気を付けて涼しい時間帯を選びましょう。

油っこい皮脂 to ストレス

運動をしてストレスを発散すると、油っぽい皮脂の産出対策にもなるのです。こちらも抜け毛・
薄毛対策として重要ですネ。

理由は、ストレスを受けると副腎から皮脂腺の皮脂分泌を盛んにさせるホルモンが大量に出てきす。
これが結果的に脂肪酸を増加させてしまい、油っこい皮脂を毛根に作ってしまうのです。

ストレスを運動で発散させて抜け毛、薄毛対策、猛暑の汗対策には是非とも【SNシャンプー】
洗髪し、毛穴をスッキリと引きしめましょう。

「科学(サイエンス」と「化学(ケミカル)」
【SNシャンプー】は、エジプトのピラミッドの壁画に壺に入って『薬』として描かれた、人類の
ロングセラーアイテム、カリ石けんをベースに皮膚と髪の生理に逆らわず、優しく働きかける機能
性石けん系シャンプーで、自然科学を基本としています。

PH図

汚れは皮脂も含めて電気的にはプラスイオン(+)に帯電しています。 洗うということは皮脂や、
汗などの汚れ分をマイナス(−)イオン=PH7以上に吸着させて、水の中に引き離す「自然科学」
を基とします。洗顔も洗髪も、洗濯も食器洗いも同様です。

ツッパラない洗顔剤をベストと思いますか?。洗顔後ツッパってしまうのはとても自然なことなの
です。肌には自然な新陳代謝により、弱酸性に戻る力があるので、皮脂が分泌されて来て、ツッパ
リ感もなくなるのが自然の原理なのです。赤ちゃんの肌が良い例です。
ある男性のお客様の声

肌本来が自然にシットリするのと、ツッパラない使用感触とは別ものなのではないでしょうか?
市販のボディーソープに代表される化学物質のヌルつき感を潤いと錯覚のケースもあるのではない
でしょうか?

ある女性のお客様の声

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。

【なごやしずえ理容室】は、朝シャン・ブームで大ヒットしていた○○シャンプーを使用している
若い新陳代謝の活発な男性の頭部から朝シャンをして来たと言うお話にも関わらず、シャンプー剤
の香料に混じって、酢えた様な独特な残留皮脂臭や、汗くささ特有の臭い、それにフケが出ていた
ことから【SNシャンプー】の開発に本腰になりました。

「脂症」について

シャンプー剤に添加された毛髪をシットリ、サラサラ、ツルツルにしたりする『+』イオンに帯電
している弱酸性な添加物の成分は髪に付きますが、同時に、頭皮にも付着し、毛穴つまりをおこし、
抜け毛や薄毛の原因や、人によってはフケになって、細毛の原因になったりします。

お客様のお声・例
泡
泡立っていると、「洗っている」と錯覚するのですが、泡は起泡する成分を添加すれば立ちます。

また、肌・髪と同じく弱酸性の洗浄剤の場合、天然アミノ酸が配合されていもソノ働きはやはり
「化学作用」ではないでしょうか?

おなじ「かがく」と読みますが、「科学(サイエンス)」と「化学(ケミカル)」は違いますネ。

まとめましょう。
寝汗も気になる猛暑です。もし毛根が話せたら、「洗って!」というのではないでしょうか?
髪の声を聴くことを基本スタンスとする【なごやしずえ理容室】では朝の【SNシャンプー】
洗髪も秋になっての抜け毛・薄毛対策に大変有効と考えます。
泡切れが良いため、すすぎが短時間で済み、忙しい朝でもササッと洗えて、気分爽快、スッキリし、
そして、秋になっての抜け毛・薄毛対策、そして気になるスメルハラスメント、臭い対策にもなりますね。

__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o

なごやしずえ理容室
東京都目黒区祐天寺2-8-3
TEL / FAX 03-3711-0913 / 03-3711-0916
E-mail : nagoya@sn-shampoo.com
__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o

“汗”も抜け毛・薄毛の大敵!


目黒区の、東横線の祐天寺駅に近い【なごやしずえ理容室】です。

“汗”の放置も養・育毛の大敵になります! 今年は秋の抜け毛・薄毛が心配な”猛暑”が続きます。

汗の役割

皮膚の重要な機能に排泄器官でもあるという点があります。汗をかきます。汗の仕事は体温調節を
することです。上手に体温調節ができなければ、生命にも関わります。良い例が熱中症です。
汗は着衣を汚したり、匂いの元となったりして嫌われますが、上手に汗をかくこと、かけることは
生命体を守る意味からも、肌の健康面からも大変重要なのです。

しかし、汗を放置することは養・育毛にとって大敵!です。 毛穴がゆるんで、秋になっての抜け毛
・薄毛が心配な猛暑日が続いています。

過剰な皮脂、200倍拡大チェック

発汗のメカニズム

発汗のメカニズムは、自律神経がつかさどっています。脳にあらかじめ設定されている平熟(37度
程度)を超えて体温が高くなると、発汗の指令が下ります。良い汗はサラサラ感があります。
ベタベタ汗は悪い汗で、要注意です。

血行が悪くなると汗腺への酸素供給が上手に働かなくなり、ベトつき感のある汗になり、雑菌も
繁殖しやすく、そしてニオイも強くなります。

雑菌が繁殖すると頭皮を刺激し、軽く炎症を起こしたりして養・育毛には大敵です!
汗は放置しないことが大切なのです。そしてそれはどんなシャンプーで洗髪するか?、
秋の抜け毛・細毛対策の重要性が夏のシャンプー剤にあります。

良い汗 to 悪い汗

ベタベタの「悪い汗」をかく原因は生活習慣によるとされています。運動不足やエアコンの使い過
ぎで汗をかかないことによる汗腺の機能低下が大きな原因とも言われています。

ベタベタの悪い汗を改善するには汗腺を鍛え、発汗機能が正常に働く様にすることが重要です。
そのためには水分補給をしながら身体をゆっくり温めて汗をかく運動が重要だと言われています。

体温をゆっくり上げるのには激しい運動ではなく、ウォーキングやヨガなど、短時間で良いのでじ
んわりと汗をかく程度を継続して行いましょう。そして行う際には水分・塩分補給は必ず行いまし
ょう。またウォーキングは熱中症・日射病に気を付けて涼しい時間帯を選びましょう。

油っこい皮脂 to ストレス

運動をしてストレスを発散すると、油っぽい皮脂の産出対策にもなるのです。こちらも抜け毛・
薄毛対策として重要ですネ。

理由は、ストレスを受けると副腎から皮脂腺の皮脂分泌を盛んにさせるホルモンが大量に出てきす。
これが結果的に脂肪酸を増加させてしまい、油っこい皮脂を毛根に作ってしまうのです。

ストレスを運動で発散させて抜け毛、薄毛対策、猛暑の汗対策には是非とも【SNシャンプー】
洗髪し、毛穴をスッキリと引きしめましょう。

「科学(サイエンス」と「化学(ケミカル)」
【SNシャンプー】は、エジプトのピラミッドの壁画に壺に入って『薬』として描かれた、人類の
ロングセラーアイテム、カリ石けんをベースに皮膚と髪の生理に逆らわず、優しく働きかける機能
性石けん系シャンプーで、自然科学を基本としています。

PH図

汚れは皮脂も含めて電気的にはプラスイオン(+)に帯電しています。 洗うということは皮脂や、
汗などの汚れ分をマイナス(−)イオン=PH7以上に吸着させて、水の中に引き離す「自然科学」
を基とします。洗顔も洗髪も、洗濯も食器洗いも同様です。

ツッパラない洗顔剤をベストと思いますか?。洗顔後ツッパってしまうのはとても自然なことなの
です。肌には自然な新陳代謝により、弱酸性に戻る力があるので、皮脂が分泌されて来て、ツッパ
リ感もなくなるのが自然の原理なのです。赤ちゃんの肌が良い例です。
ある男性のお客様の声

肌本来が自然にシットリするのと、ツッパラない使用感触とは別ものなのではないでしょうか?
市販のボディーソープに代表される化学物質のヌルつき感を潤いと錯覚のケースもあるのではない
でしょうか?

ある女性のお客様の声

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。.。o○o。

【なごやしずえ理容室】は、朝シャン・ブームで大ヒットしていた○○シャンプーを使用している
若い新陳代謝の活発な男性の頭部から朝シャンをして来たと言うお話にも関わらず、シャンプー剤
の香料に混じって、酢えた様な独特な残留皮脂臭や、汗くささ特有の臭い、それにフケが出ていた
ことから【SNシャンプー】の開発に本腰になりました。

「脂症」について

シャンプー剤に添加された毛髪をシットリ、サラサラ、ツルツルにしたりする『+』イオンに帯電
している弱酸性な添加物の成分は髪に付きますが、同時に、頭皮にも付着し、毛穴つまりをおこし、
抜け毛や薄毛の原因や、人によってはフケになって、細毛の原因になったりします。

お客様のお声・例
泡
泡立っていると、「洗っている」と錯覚するのですが、泡は起泡する成分を添加すれば立ちます。

また、肌・髪と同じく弱酸性の洗浄剤の場合、天然アミノ酸が配合されていもソノ働きはやはり
「化学作用」ではないでしょうか?

おなじ「かがく」と読みますが、「科学(サイエンス)」と「化学(ケミカル)」は違いますネ。

まとめましょう。
寝汗も気になる猛暑です。もし毛根が話せたら、「洗って!」というのではないでしょうか?
髪の声を聴くことを基本スタンスとする【なごやしずえ理容室】では朝の【SNシャンプー】
洗髪も秋になっての抜け毛・薄毛対策に大変有効と考えます。
泡切れが良いため、すすぎが短時間で済み、忙しい朝でもササッと洗えて、気分爽快、スッキリし、
そして、秋になっての抜け毛・薄毛対策、そして気になるスメルハラスメント、臭い対策にもなりますね。

__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o

なごやしずえ理容室
東京都目黒区祐天寺2-8-3
TEL / FAX 03-3711-0913 / 03-3711-0916
E-mail : nagoya@sn-shampoo.com
__o○o o_____o○o o_____o○o o_____o○o


2017年07月25日