寒い冬、薄毛ケア、ついおっくうになって悩んでいませんか?

12月の休業日のお知らせ

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。 o○o。.。o○o。

 

目黒区の、東横線の祐天寺駅に近い【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】です。

寒い冬の抜け毛・薄毛ケアのポイント選びについて困ってはいませんか?。

今年は寒くなるのが早いですネ。そして冬は冬で養・育毛にはやはり過酷な季節なのですネ。

 

それはやはり気象環境が1番のネックになるのですネ。現代、”人”は服を着て、文明機器でカバーされてはいます。様々な技術の発展した現代ではふと、忘れがちになりますが、”人”はとてもアナログな生き物ですネ。気象が人に与える影響はそれなりに大きいものなのです。

■冬の毛根ケア(薄毛・抜け毛)の敵は寒さ

冬季における毛根ケア(薄毛・抜け毛対策)の最大の敵は寒さです。
(Q)=毛根が寒さで萎縮するのでしょうか? (A)=イエイエ!

・寒いとついシャンプーがおっくうになる。

・一杯? いっぱい! アルコールが入ってしまって入浴中止! (この時季はお酒を飲む機会が多くなります。)

・カゼ気味だから…

シャンプー回数が減る傾向になりがちなのが冬です。しかし、現代のライフスタイルは、暖房の効いた部屋で鍋物で熱かんを一杯! 他、ラッシュの電車内ではそれなりに汗ばむ、etc。 冬でも相応の発汗はみられますし、冬といえども人は生きている限り、皮脂を新陳代謝しています。

「寒いから…」は、持ち主の理由であって、毛根の立場で言えば「洗って、毛髪の伸びやすい、生えやすい環境を作って!!」と、口があったら言うだろうと思います。

そして、薄毛対策に真剣に取り組もうとするなら、簡単シャンプーではなく、毎晩、シッカリと、【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】が提唱する生活習慣ケアシャンプーを励行しましょう。特に、入浴してよく暖まって、シャンプーしないですますのは、最悪です。入浴の順序としても、シャンプーは、一番最後にして頂きたいのです!

ブラシ洗髪

■ 乾燥

 

今の時代は便利と快適さが好まれ、選ばれます。結果、都市化した生活となり、生活環境、それ自体が乾燥してしまっているのです。

気密性の高い空間の室内はエアコン暖房やファンフィーターなどで空気が乾燥します。昔のテレビ・ドラマの様にヤカンの湯気が立込めてという様な光景はほとんど見られなくなりました。

街には昔はあった小さな川は、安全性と利便性からコンクリートで蓋をされて塞がれてしまっています。コンクリートで固められた都市空間に、コンクリートの内部の室内空間と、乾燥状態が増しているのです。

 

■ 乾燥性のフケ

乾燥性のフケ

乾燥性のフケは、食生活、栄養が重要です、ビタミンAなどです。そして、体内からも潤いをもたらしましょう。

真皮のヒアルロン酸を保持するのにも働く、100年近い伝統のある酵素飲料と、シャンプー後のケア皮膚バリアの機能を高める保湿力をUPしましょう。

大高酵素/スーパーオオタカ

 

★しかし、乾燥からのフケ痒みと思っていたら市販シャンプーの添加成分が異常乾燥という気象状況により剥がれて、という事実を確認する、ということもあるのです。

200倍拡大毛根チェックで【SNシャンプー】洗髪後に眼前に確認されるのです。

フケ

 

フケが酷くてと、ご来店の方々の200倍拡大チェックをしていると、毛髪の間に同じ大きさで点々と白く見えるナニかを見ることがあります。皮膚の剥がれたモノ(老化角質)であったら、形も様々でしょう?、と、疑問点を皆様にご提示いたします。

その成分は毛髪の触感を向上させるために添加された電気的に+を帯びた成分であることが多いのです。

■ 風邪やインフルエンザの後は ■

 

カゼを引いてしまった。何日も洗えなかったという時のシャンプーは、よりていねいにシャンプー剤をもう1回位多くつけて、まず、しっかりと洗いましょう。特に発熱した場合などは、「ていねいX2」くらいに、シャンプーをしましょう。

 

■ マッサージで養・育毛の土壌作りを ■

 

血行を良くするマッサージは、どの季節でも大事ですが、冬場は筋肉が収縮しやすいので、特に大切です。肩こりも改善に努めましょう。

頭部・肩凝り、共に効果のあるマッサージ機も肩・頭部、肩甲骨、腕、肘から下もケアできて、凝り解消の万能タイプです。

血行改善に努めたら、毎月のチェック時の翌月、発毛率が上がっていたという例も拝見しています。植物ではありませんが、冬場の土壌作りは、とても重要なファクターです。

ファイター/マッサージ

● 静電気 対策も

 

冬期は静電気にも気をつけましょう。子供の頃、下敷きをこすって髪の毛を立たせた想い出はありませんか。

ブラシ類は選びましょう。静電気の起きやすい素材ではなく、また、コツコツと痛い天然素材でもなくて、マッサージ効果の高いモノに替えましょう。

お勧めは、webショップ上のクッション付きのステンレスブラシです。獣毛のブラシは中々清潔に洗えないので注意が必要です。ブラシ類に付着している雑菌類が、フケの原因ともなりやすいのです。

■ まとめます~髪も身の内~ ■

 

冬は冬で、その気象環境にあった、お一人・おひとりの、それぞれのケースに合った生活習慣ケアで対策をしましょう。それにはまず客観的なチェックを行いましょう。

200倍拡大毛根チェック
200倍拡大毛根チェックと、やはり頭皮や肌の実際を拝見させていただければと、思っております。それは頭髪だけでなく、健康にも影響してくるでしょう。

★ 髪も身の内です!

それはおそらく、お仕事のパフォーマンスにも影響してくるのではと、考えます。

 

施術も商法登録

★皮膚(肌)はバリア

 

肌(皮膚)はあの世とこの世を分け隔てるバリアです。皮膚(肌)がなかったら即刻、生命に関わってきます。リンパ管や血管がむき出しになり、すぐに生命を脅かします。生命は皮膚(肌)というバリアで守られているのです

よって、気象変化もまずは皮膚上にあるセンサーで感知し、反応、調整し、恒常性を保とうと、伝達の役割を果たしているのです。

※恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。生物が生物である要件のひとつと言ってもよく、健康を定義する重要な要素でもあります。

この作用を主に司っているのが間脳視床下部で、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っています。
★皮膚(肌)はセンサーであるとともに、その伝達網の役割を担っていることも科学的に解明されているのです。

 

ご相談・ご予約

03-3711-0913

 

東京都目黒区祐天寺2-8-3

東急東横線祐天寺駅から徒歩3分
営業時間
AM9:30~PM7:30

寒い冬、薄毛ケア、ついおっくうになって悩んでいませんか?


12月の休業日のお知らせ

o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。 o○o。.。o○o。 .。o○o。..o○o。 o○o。.。o○o。

 

目黒区の、東横線の祐天寺駅に近い【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】です。

寒い冬の抜け毛・薄毛ケアのポイント選びについて困ってはいませんか?。

今年は寒くなるのが早いですネ。そして冬は冬で養・育毛にはやはり過酷な季節なのですネ。

 

それはやはり気象環境が1番のネックになるのですネ。現代、”人”は服を着て、文明機器でカバーされてはいます。様々な技術の発展した現代ではふと、忘れがちになりますが、”人”はとてもアナログな生き物ですネ。気象が人に与える影響はそれなりに大きいものなのです。

■冬の毛根ケア(薄毛・抜け毛)の敵は寒さ

冬季における毛根ケア(薄毛・抜け毛対策)の最大の敵は寒さです。
(Q)=毛根が寒さで萎縮するのでしょうか? (A)=イエイエ!

・寒いとついシャンプーがおっくうになる。

・一杯? いっぱい! アルコールが入ってしまって入浴中止! (この時季はお酒を飲む機会が多くなります。)

・カゼ気味だから…

シャンプー回数が減る傾向になりがちなのが冬です。しかし、現代のライフスタイルは、暖房の効いた部屋で鍋物で熱かんを一杯! 他、ラッシュの電車内ではそれなりに汗ばむ、etc。 冬でも相応の発汗はみられますし、冬といえども人は生きている限り、皮脂を新陳代謝しています。

「寒いから…」は、持ち主の理由であって、毛根の立場で言えば「洗って、毛髪の伸びやすい、生えやすい環境を作って!!」と、口があったら言うだろうと思います。

そして、薄毛対策に真剣に取り組もうとするなら、簡単シャンプーではなく、毎晩、シッカリと、【SNシャンプー/なごやしずえ理容室】が提唱する生活習慣ケアシャンプーを励行しましょう。特に、入浴してよく暖まって、シャンプーしないですますのは、最悪です。入浴の順序としても、シャンプーは、一番最後にして頂きたいのです!

ブラシ洗髪

■ 乾燥

 

今の時代は便利と快適さが好まれ、選ばれます。結果、都市化した生活となり、生活環境、それ自体が乾燥してしまっているのです。

気密性の高い空間の室内はエアコン暖房やファンフィーターなどで空気が乾燥します。昔のテレビ・ドラマの様にヤカンの湯気が立込めてという様な光景はほとんど見られなくなりました。

街には昔はあった小さな川は、安全性と利便性からコンクリートで蓋をされて塞がれてしまっています。コンクリートで固められた都市空間に、コンクリートの内部の室内空間と、乾燥状態が増しているのです。

 

■ 乾燥性のフケ

乾燥性のフケ

乾燥性のフケは、食生活、栄養が重要です、ビタミンAなどです。そして、体内からも潤いをもたらしましょう。

真皮のヒアルロン酸を保持するのにも働く、100年近い伝統のある酵素飲料と、シャンプー後のケア皮膚バリアの機能を高める保湿力をUPしましょう。

大高酵素/スーパーオオタカ

 

★しかし、乾燥からのフケ痒みと思っていたら市販シャンプーの添加成分が異常乾燥という気象状況により剥がれて、という事実を確認する、ということもあるのです。

200倍拡大毛根チェックで【SNシャンプー】洗髪後に眼前に確認されるのです。

フケ

 

フケが酷くてと、ご来店の方々の200倍拡大チェックをしていると、毛髪の間に同じ大きさで点々と白く見えるナニかを見ることがあります。皮膚の剥がれたモノ(老化角質)であったら、形も様々でしょう?、と、疑問点を皆様にご提示いたします。

その成分は毛髪の触感を向上させるために添加された電気的に+を帯びた成分であることが多いのです。

■ 風邪やインフルエンザの後は ■

 

カゼを引いてしまった。何日も洗えなかったという時のシャンプーは、よりていねいにシャンプー剤をもう1回位多くつけて、まず、しっかりと洗いましょう。特に発熱した場合などは、「ていねいX2」くらいに、シャンプーをしましょう。

 

■ マッサージで養・育毛の土壌作りを ■

 

血行を良くするマッサージは、どの季節でも大事ですが、冬場は筋肉が収縮しやすいので、特に大切です。肩こりも改善に努めましょう。

頭部・肩凝り、共に効果のあるマッサージ機も肩・頭部、肩甲骨、腕、肘から下もケアできて、凝り解消の万能タイプです。

血行改善に努めたら、毎月のチェック時の翌月、発毛率が上がっていたという例も拝見しています。植物ではありませんが、冬場の土壌作りは、とても重要なファクターです。

ファイター/マッサージ

● 静電気 対策も

 

冬期は静電気にも気をつけましょう。子供の頃、下敷きをこすって髪の毛を立たせた想い出はありませんか。

ブラシ類は選びましょう。静電気の起きやすい素材ではなく、また、コツコツと痛い天然素材でもなくて、マッサージ効果の高いモノに替えましょう。

お勧めは、webショップ上のクッション付きのステンレスブラシです。獣毛のブラシは中々清潔に洗えないので注意が必要です。ブラシ類に付着している雑菌類が、フケの原因ともなりやすいのです。

■ まとめます~髪も身の内~ ■

 

冬は冬で、その気象環境にあった、お一人・おひとりの、それぞれのケースに合った生活習慣ケアで対策をしましょう。それにはまず客観的なチェックを行いましょう。

200倍拡大毛根チェック
200倍拡大毛根チェックと、やはり頭皮や肌の実際を拝見させていただければと、思っております。それは頭髪だけでなく、健康にも影響してくるでしょう。

★ 髪も身の内です!

それはおそらく、お仕事のパフォーマンスにも影響してくるのではと、考えます。

 

施術も商法登録

★皮膚(肌)はバリア

 

肌(皮膚)はあの世とこの世を分け隔てるバリアです。皮膚(肌)がなかったら即刻、生命に関わってきます。リンパ管や血管がむき出しになり、すぐに生命を脅かします。生命は皮膚(肌)というバリアで守られているのです

よって、気象変化もまずは皮膚上にあるセンサーで感知し、反応、調整し、恒常性を保とうと、伝達の役割を果たしているのです。

※恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。生物が生物である要件のひとつと言ってもよく、健康を定義する重要な要素でもあります。

この作用を主に司っているのが間脳視床下部で、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っています。
★皮膚(肌)はセンサーであるとともに、その伝達網の役割を担っていることも科学的に解明されているのです。

 

ご相談・ご予約

03-3711-0913

 

東京都目黒区祐天寺2-8-3

東急東横線祐天寺駅から徒歩3分
営業時間
AM9:30~PM7:30


2017年12月10日