なごやしずえ理容室

ご予約は03-3711-0913 ご相談は03-3711-0916

丁寧なスキンケア・ヘアケアが特長の理容室。肌のトラブルにお悩みの方も、安心しておしゃれを楽しめます。

月別アーカイブ: 2015年11月

【なごやしずえ理容室】の人肌センサー to デング熱

オーガニックをうたい裏表示に『石油系合成化学成分=乳化剤、防腐剤、香料、
着色料)は一切使用していません。』と、明記のアメリカ製のシャンプー&
コンディショナーを使うと、【なごやしずえ理容室】は、カチオン界面活性剤
への反応を手肌が示すのです。
それは、スースーとした特長的な刺激なのです。(>_<)

そこで【SNシャンプー】流に調べてもらった結果、
処方成分中のオイルの中に仕込める”からくり”の指摘がありました。
油溶性の液体と水溶性の材料成分をムラなく混ぜあわせ、乳化し、使用感の向上を
図ったのでしょうか?
さて、カチオン界面活性剤は農薬にも使われる殺菌作用もあります。
雨が降ってもその場に残留し続けて、虫に対しシッカリと仕事をするのです。(-_-;)

今季は蚊が媒介するデング熱ゼロだったそうです、、、

【なごやしずえ理容室】の安全性の高いヘアカラー

先月23日の染毛剤についてのテレビ、ヤフーニュース、新聞報道ご覧になりましたか?
消費者庁によると、
染毛剤を使用して、皮膚炎を発症する人が、毎年相次いで、
この3月までの5年間に消費生活センターなどへの報告は1008件。
うち166件は、目が開かないほどの重い症状だったそうです。

★上記の166件は典型的なジアミンのアレルギーです。

消費者庁の消費者安全法第33条の規定に基づく意見
=以下を抜粋してみます。(※=なごや・注)
————————————————————
ヘアカラーリング剤の中で、酸化染毛剤(※一般的な)は
最も広く使用されている製品であるとともに、
最もアレルギー性接触皮膚炎になりやすい製品でもある。
《中略》
酸化染毛剤の主成分である酸化染料(※ジアミン)は、
アレルギーを引き起こしやすい性質を有するが、
現時点では、代替可能な成分が他に存在しないため、残念ながら、
製品の改良によって直ちにリスクの低減を図ることは困難である。
《後略》
———————————————————————
【なごやしずえ理容室】のヘア・カラーは違います。
↓↓↓↓↓↓
http://www.sn-shampoo.com/user_data/about_service.php

そしてトラブル110番《カラーリングの痒みとかぶれ》もご確認いただきます様。
↓↓↓↓↓↓
http://www.sn-shampoo.com/user_data/tr_hair4.php

そして今後も変わらず、少しでも安全性高く、持続可能なお手伝いをと、存じております。